TOP > コラム(最新号)> アーカイブVOL.8
ガーデニング・造園・園芸関連・植物等、弊社スタッフが「みどり」について熱く語ります。月1回更新の予定です。
三島楽寿園に行ってきました
 
(2008/01/14)
面白い花を見つけました
 
(2006/06/27)
春の花たち
 
(2006/05/08)
法面緑化工事
 
(2006/03/16)
緑のデザイン賞
 
(2006/02/07)
寒くなりましたが
 
(2005/12/20)
幸せの黄色の花が咲きました
 
(2005/09/12)
O邸のお庭
 
(2005/07/23)
生垣を考えてみました
 
(2005/06/03)
サクラの花が咲きました
 
(2005/04/19)
待ち遠しい春とともに
 
(2005/03/08)
もうすぐ春
 
(2005/02/07)
干支に因んだ植物
 
(2005/01/01)
早くも一年が・・・
 
(2004/12/07)
モミジ
 
(2004/10/29)
あさがお
(2004/09/17)
不思議な華「曼珠沙華」
(2004/08/16)
春本番、木々の緑も鮮やかな季節になりました。関東ではサクラの開花予想ははずれて4月にはいっての開花になりましたが皆様お住まいのところはいかがでしょうか。
春の園芸シーズン到来!! ガーデニングという言葉が流行語大賞を取ったのは1997年あれから早8年がたちます。個人のお庭にもこの季節はパンジー、ビオラが冬の寒さから開放され元気に咲き誇っている姿を見かけます。
今回はお庭のお話をさせていただきます。
「お庭」というと個人の庭がイメージされますが、「どのように庭を作る(創る)か」が大切なことでしょう。樹木を植える、花壇をつくる、水の景をとりいれる、など限られたスペースの中にたくさんの希望を詰め込む結果いろいろな弊害が生まれます。
悪例を取り上げると、右の写真のように個人の庭にサクラが植栽されている。サトザクラ(八重桜)の代表的なカンザンと開花予想の標準木になるソメイヨシノだが、どちらも6mの道路に枝が張り出しています。
花の時期(4月中旬)にはとてもきれいだが、個人のお庭にはお奨めできない樹種のひとつです。
植物図鑑やらガーデニングの参考書には、利用、用途なるところに「庭木」と記載されているものを見かけるが、広いお庭をお持ちの方は別として、一般には向かない樹種でしょう。

サクラは剪定を嫌い「サクラ切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉は皆様ご存知のことでしょう。剪定を嫌うと同時に根元を踏み固めないこともサクラを元気に、丈夫に育てるコツともいわれております。
キンモクセイを植栽した例の写真をもう一枚ご紹介。
香りがよく生垣などにも使われる樹種ですが、写真のお宅ではメンテナンスということがなされておりません。これも悪例のひとつでしょう。
道路に張り出した枝のボリュームはみごとですが、美観上も決して良くなく、建物正面からは圧迫感でしかありません。
原因はメンテナンス不足、道路から建物までのスペースが狭いなどが上げられますが、当初の植栽計画時に計画木の将来を見込んでないことが最大の要因とおもわれます。

住宅事情にあった、植栽計画をしたいものです。
次回は生垣について考えてみたいと思います。ご期待ください。
 
 
TOP / 緑化・造園プランニング / ガーデンセンター・園芸店コンサルティング / 会社案内 / リンク集 / お問い合わせ
コラム / サイトマップ / 造園プラン 業務内容 / コンサルティング 業務内容 / 定店観測
Copyright (C) G Planning. 2004 All Rights Reserved.