TOP > コラム(最新号)> アーカイブVOL.4
ガーデニング・造園・園芸関連・植物等、弊社スタッフが「みどり」について熱く語ります。月1回更新の予定です。
三島楽寿園に行ってきました
 
(2008/01/14)
面白い花を見つけました
 
(2006/06/27)
春の花たち
 
(2006/05/08)
法面緑化工事
 
(2006/03/16)
緑のデザイン賞
 
(2006/02/07)
寒くなりましたが
 
(2005/12/20)
幸せの黄色の花が咲きました
 
(2005/09/12)
O邸のお庭
 
(2005/07/23)
生垣を考えてみました
 
(2005/06/03)
サクラの花が咲きました
 
(2005/04/19)
待ち遠しい春とともに
 
(2005/03/08)
もうすぐ春
 
(2005/02/07)
干支に因んだ植物
 
(2005/01/01)
早くも一年が・・・
 
(2004/12/07)
モミジ
 
(2004/10/29)
あさがお
(2004/09/17)
不思議な華「曼珠沙華」
(2004/08/16)
気がつけば12月 師 走 すぐにお正月がくる。例年に無く台風が多く日本を襲い、その影響で秋の紅葉は場所によっては3日で落葉したとか。通常は紅葉してから落葉まで2週間くらいが平均だそうだ。
お正月といえば門松、注連飾り、七草粥など関係する植物は多い。縁起を担ぎ、「千両万両有り通し」とお金がたくさん貯まるよう願っているのは、私だけではないようだ。そこで今回はセンリョウ、マンリョウ、アリドオシ、をご紹介しましょう。
センリョウ(センリョウ科センリョウ属)
切花として、よく使われます。赤実のものと黄実のものがあり、日陰の庭でよく育ちます。日当たりが良すぎると、葉が黄色味をおび良い緑色にならず、樹陰下に配植すると良いでしょう。写真は我が家の庭で撮影したものですが、なかなかの実付で満足しています。
開花は6月で、雨が多いと実付は悪くなります。後で紹介しますマンリョウは葉の下部に開花結実しますが、センリョウは葉の上部に開花結実するためといわれます。
中国では茎に節があることから、九節紅、九節風と呼ばれ、茎葉の乾燥したものを九節茶と呼んで、古くから生薬、また健康茶として用いられているそうです。
マンリョウ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)
庭植えでは、根締めという使われ方で植栽されます。一般に赤実のものが多く変種に白実のマンリョウがあり、写真はシロミノマンリョウです、今年はまだ薄緑であるがもう少しで白くなるでしょう。古典園芸植物として、趣味家の間では葉変わりもの(斑入り、平葉、丸葉、巻上、獅子葉など)が珍重されています。同じ仲間のヤブコウジも古典園芸植物として古来から人気が高く、現在では園芸店でも数種のヤブコウジの品種物が見られます。
 
 
アリドオシ(アカネ科アリドオシ属)
本州(関東以西)四国、九州、朝鮮半島南部、中国中部に分布する常緑低木。
関西ではお正月の床飾りにすると何かの本で見たが、どのように使われるのかご存知の方は教えてください。
名前の由来は学名ではギリシャ語の強い刺の意味と言われ、和名では葉よりも大きな刺が蟻をも通すから、とか9月に実がなり翌年まで持つからなどさまざまであるが、前者の蟻が正解のようです。
写真は斑入りアリドオシですが、今年は管理不足か満足のいく斑が見られません。置場所が悪かったのか、反省。

※ 参考文献 樹木大図説 上原啓二著 有明書房 薬草カラー百科 伊澤一男 主婦の友社
 
 
TOP / 緑化・造園プランニング / ガーデンセンター・園芸店コンサルティング / 会社案内 / リンク集 / お問い合わせ
コラム / サイトマップ / 造園プラン 業務内容 / コンサルティング 業務内容 / 定店観測
Copyright (C) G Planning. 2004 All Rights Reserved.