TOP > コラム(最新号)> アーカイブVOL.2
ガーデニング・造園・園芸関連・植物等、弊社スタッフが「みどり」について熱く語ります。月1回更新の予定です。
三島楽寿園に行ってきました
 
(2008/01/14)
面白い花を見つけました
 
(2006/06/27)
春の花たち
 
(2006/05/08)
法面緑化工事
 
(2006/03/16)
緑のデザイン賞
 
(2006/02/07)
寒くなりましたが
 
(2005/12/20)
幸せの黄色の花が咲きました
 
(2005/09/12)
O邸のお庭
 
(2005/07/23)
生垣を考えてみました
 
(2005/06/03)
サクラの花が咲きました
 
(2005/04/19)
待ち遠しい春とともに
 
(2005/03/08)
もうすぐ春
 
(2005/02/07)
干支に因んだ植物
 
(2005/01/01)
早くも一年が・・・
 
(2004/12/07)
モミジ
 
(2004/10/29)
あさがお
(2004/09/17)
不思議な華「曼珠沙華」
(2004/08/16)
入谷の朝顔市(毎年7月6日〜7日8日)はあまりにも有名ですが、昨年の8月26日に千葉県佐倉市の国立歴史民族博物館(民博)で開催された、伝統の朝顔展(変化朝顔)を見に行きました。

アサガオはアジア原産の植物で、日本へは奈良朝の終わりから平安時代の始めにかけて薬用植物として渡来したとされています。小学生の頃に、学校で種を蒔いて発芽苗を自宅に持ち帰り、夏休みに育てて花を楽しんだ方も多いのではないでしょうか?

さて、その朝顔展ですが・・・そこで見た"伝統の朝顔"は「え、これがアサガオ!?」と思うものもあり、驚きの連続となりました!
そこにはアサガオに関する書籍販売もあり、購入すると種子が頂けるとのことで、小生は早速本を買い求めました。そして添付の説明文通り今年の5月初旬に種を蒔きました。発芽率は思っていたよりも良く、ほぼ100%の結果を見ました。そして右の写真の様なみごとな花を咲かせてくれました!
民博で見たアサガオに比べ花の大きさはチョット・・・いや、かなり小さめですが、満足しています。ちなみにこのアサガオの名前は、青乱菊葉青紺覆輪乱菊石畳咲(あおらんぎくばあおこんふくりんらんぎくいしだたみざき)と言いまして、購入した本によると「花は曜の間の部分が深く5裂しそれが折り畳まれて咲く。しかし、きれいに折り畳まれて咲く花は稀で、ただの切れ咲きになる物が多い。また秋になって株が弱ってくると丸咲きになることもある。・・・(以下省略)」と書いてありました。
まだ秋ではないのに、丸咲きになったのが下の写真です。
同じ種から、まったく違う咲き方の花が咲く不思議さに感動をおぼえました。本によると、稔性(種子の出来る性質)は正常であり、性質も丈夫なため、栽培は非常に優しいとあります。現在の状況では、種子が出来つつあります。

どのくらい採取できるか不明ですが、是非挑戦してみたい方がいらっしゃいましたら、メールにてご連絡頂ければ種子をお分けいたします!すべての方にお送りできないことが予想されますが、その時はお許し下さい。

一緒に播種したアサガオも見事に咲きました。シンプルな花色・咲き方ですが、以下の写真もご覧下さい。

 
 
TOP / 緑化・造園プランニング / ガーデンセンター・園芸店コンサルティング / 会社案内 / リンク集 / お問い合わせ
コラム / サイトマップ / 造園プラン 業務内容 / コンサルティング 業務内容 / 定店観測
Copyright (C) G Planning. 2004 All Rights Reserved.