TOP > コラム(最新号)> アーカイブVOL.12
ガーデニング・造園・園芸関連・植物等、弊社スタッフが「みどり」について熱く語ります。月1回更新の予定です。
三島楽寿園に行ってきました
 
(2008/01/14)
面白い花を見つけました
 
(2006/06/27)
春の花たち
 
(2006/05/08)
法面緑化工事
 
(2006/03/16)
緑のデザイン賞
 
(2006/02/07)
寒くなりましたが
 
(2005/12/20)
幸せの黄色の花が咲きました
 
(2005/09/12)
O邸のお庭
 
(2005/07/23)
生垣を考えてみました
 
(2005/06/03)
サクラの花が咲きました
 
(2005/04/19)
待ち遠しい春とともに
 
(2005/03/08)
もうすぐ春
 
(2005/02/07)
干支に因んだ植物
 
(2005/01/01)
早くも一年が・・・
 
(2004/12/07)
モミジ
 
(2004/10/29)
あさがお
(2004/09/17)
不思議な華「曼珠沙華」
(2004/08/16)
久しぶりのコラム欄の更新となりました。
12月に入り今年もあと残り一ヶ月となりました。振り返ると一年間とは早いものです。全国的に今年の紅葉は綺麗だったようですが、皆様お住まいのところはいかがでしたか。
話題としては少し遅いかもしれませんが・・・紅葉のことを今回は取り上げたいと思います。

紅葉の仕組みは皆様ご存知でしょうが、ちょっとご紹介します。
なぜ植物が紅葉(黄葉)するのか?植物が緑色なのは葉緑素という色素含んでいるから緑色で、葉緑素は葉に含まれる色素の2/3といわれます。
他に黄色の色素キサトフィル、橙色の色素カロチン、赤い色素アントシアン、褐色(茶色)の色素フロバフェンなどが主なものです。気温が8℃以下になると葉緑素は分解されて色がさめ、その一方でアントシアンが目立って紅葉が始まったということになります。キサトフィルによって黄色く色づくと黄葉です。

紅葉するといえば代表はもみじ、黄葉の代表はイチョウでしょうか?
ヤマハゼの赤い紅葉が近所で見られました。ミズキの黄葉も見事でした。写真が良くなくて感動を
お届けできないかもしれません。ご容赦ください。
同じ植物、たとえばサクラなど赤く紅葉する葉でも、黄色になることがありますが原因はアントシアンは光が必要なため、日陰などでは黄色になるといわれます。綺麗な紅葉は20〜25日間くらい楽しめるそうで、今年は11月の晴天とその後の寒さに温度差があったので素敵な秋から晩秋でした。

本格的な寒さはこれからです。植物も春を待つ間しっかりと来年の準備をしています。世の中物騒なことばかりですが、春を待つ間しっかりと生きたいと思います。
 
 
TOP / 緑化・造園プランニング / ガーデンセンター・園芸店コンサルティング / 会社案内 / リンク集 / お問い合わせ
コラム / サイトマップ / 造園プラン 業務内容 / コンサルティング 業務内容 / 定店観測
Copyright (C) G Planning. 2004 All Rights Reserved.