TOP > ガーデンセンター・園芸店 コンサルティング > 定店観測(最新号)> 定点観測VOL.11

「今年の夏の暑さは、去年に比べやや過ごしやすかった」という人が多い。マスコミも平均気温の比較表等を持ち出して論評しているが、「それがどうした!!!」と思ってしまい、だんだん人間が小さく怒りっぽくなって行く自分に腹を立てています。

劇場型の衆議院選挙の前振りは、たいそう盛り上がっていた。主役のライオン丸や老小姓らは、「政治空白も何のその」で、ドラエモンやくの一刺客をけしかけ、浪花節男連中との化かし合いを仕掛けた。そこへヤッシーや寄せ場帰りの宗助らが参戦したので更に面白くなり、タイビールを干からびたチーズで飲みながら、かぶりつきで楽しんでいたのである。
「そんな事ヤッてる位ならこっちへ少し金回せよ」と思ってしまうのは私だけであろうか。
7月初旬、とあるガーデンセンターが店を閉めた。全くノーマークの店であったので、閉店の理由は分からない。だが、園芸シーズンの6月一杯まで営業して、暑くなる前の閉店だろうと容易に想像出来る。同様に、年末一杯営業して閉店する店も出てくるであろう。本当に辛い現実である。

一方、一頃は飛ぶ鳥も落とす勢いだったホームセンターも、ごく一部の勝ち組を除き、厳しい状況となっているようである。「園芸部門は客寄せだから、トントンであれば良いんだよ」というような安易な考えは持てなくなってきており、園芸部門でも真剣に利益を出す事を考え始めている。
これは、ようやくガーデンセンターとホームセンターが同じ土俵で戦える環境になってきたと言えるのではないだろうか。
 
 

同じ土俵上での相撲ならガーデンセンターは負ける筈がない。
今までの借りを2倍3倍にして返してやりましょう。その具体的な戦略はこれです。
品揃え」「提案」「サービス」をキーワードにして、自店の強みを更に強調し、ホームセンターの弱点を徹底的に強化する。「品揃え」といっても何を何種類集めたという事ではありません。
是非、知恵を絞りトライしてみて下さい。

X市のA店、M町のK店とも、まだ夏休み中で眠っています。(本当に休みではない)
秋のシーズンは期待していますよ。

またまた私好みの店を見つけました。小金井市内にあるタカハシプランツです。近いので頻繁に行けそうです。

新しい年から行動しよう
(2008/01/14)
生花店は場所
(2006/11/12)
夏の売り場提案
(2006/07/23)
新規客の獲得
(2006/05/08)
シーズンの始まり
(2006/04/07)
来年への助走
(2006/02/28)
集客について
(2006/02/07)
あなたの認識度
(2005/12/20)
同じ土俵へ
(2005/09/12)
たとえば苗物
(2005/07/23)
ガーデンショーで見た
 お客の特性
(2005/06/03)
「山場」直前の提案
(2005/04/19)
数字から読む
 ガーデンセンター経営
(2005/03/08)
春の気配
(2005/02/04)
スタートダッシュ
(2005/01/01)
昨日>今日>明日
(2004/12/07)
やはりヒト
(2004/10/29)
店舗運営考察
(2004/09/17)
夏の品揃え
(2004/08/16)
 
 
 
TOP / 緑化・造園プランニング / ガーデンセンター・園芸店コンサルティング / 会社案内 / リンク集 / お問い合わせ
コラム / サイトマップ / 造園プラン 業務内容 / コンサルティング 業務内容 / 定店観測
Copyright (C) G Planning. 2004 All Rights Reserved.